STAFF BLOGスタッフブログ

 
いったい築何年なのかわからない小屋がうちの実家には建ってまして、手付かずで老朽化が進んでました。
農業をする為の倉庫兼牛舎として利用してたようで、牛を飼ってた後もあります。
 
 
自分も子供の頃はそこでよく遊んでいて、秘密基地を作ったりしてました。
今思えば秘密の基地のくせに、わかりやすかったのを思いだします(笑)
 
 
今では台風が来るたび倒壊しないか心配してましたが、ついに解体する事になり、思いでの小屋も姿を消す事
になりました。
心配の種にはなっていたものの、いざなくなるとなると、思い出ある建物がなくなって、少しさびしい気もし
ます。
 
 
ところでこの建物、一体いつから建っていたのだろうと家屋調査士さんに聞いてみたら、昭和36年の航空写真
にその小屋が映っているという事がわかりました。
昭和36年となると僕が生まれる15年前。周りがどんな景色なのかも気になって写真を見せてもらいました。
なんと、たしかに小屋があります! 区画整理以前なのでわかりづらいですが位置関係的に確かにあります。
これで最低50年前には建ってたという事がわかって、本当によく持ちこたえたなあという感じです。
 
小屋がある事もびっくりでしたが、それより実家周囲の土地の変わりようがびっくり。
何百年も昔ですと実感がないですが、50年程前ぐらいですと、その時の話が聞ける人もいらっしゃいま
すし、生の話を聞きながら、時代の移り変わりをリアルに感じる事ができます。
自分の家にも一応歴史があるんだなと思いました。
 
 
普段はそんな事気にかけませんが、今回小屋の解体から、色々な発見があっておもしろかったです。
 
 
 
S36.jpg
 

 いったい築何年なのかわからない小屋がうちの実家には建ってまして、手付かずで老朽化が進んでました。
農業をする為の倉庫兼牛舎として利用してたようで、牛を飼ってた後もあります。
 
 
自分も子供の頃はそこでよく遊んでいて、秘密基地を作ったりしてました。
今思えば秘密の基地のくせに、わかりやすかったのを思いだします(笑)
 
 
今では台風が来るたび倒壊しないか心配してましたが、ついに解体する事になり、思いでの小屋も姿を消す事
になりました。
心配の種にはなっていたものの、いざなくなるとなると、思い出ある建物がなくなって、少しさびしい気もし
ます。
 
 
ところでこの建物、一体いつから建っていたのだろうと家屋調査士さんに聞いてみたら、昭和36年の航空写真
にその小屋が映っているという事がわかりました。
昭和36年となると僕が生まれる15年前。周りがどんな景色なのかも気になって写真を見せてもらいました。
なんと、たしかに小屋があります! 区画整理以前なのでわかりづらいですが位置関係的に確かにあります。
これで最低50年前には建ってたという事がわかって、本当によく持ちこたえたなあという感じです。
 
 
小屋がある事もびっくりでしたが、それより実家周囲の土地の変わりようがびっくり。
何百年も昔ですと実感がないですが、50年程前ぐらいですと、その時の話が聞ける人もいらっしゃいま
すし、生の話を聞きながら、時代の移り変わりをリアルに感じる事ができます。
自分の家にも一応歴史があるんだなと思いました。
 
 
普段はそんな事気にかけませんが、今回小屋の解体から、色々な発見があっておもしろかったです。
 
 

CALENDER

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ARCHIVES

  • ユニキューブ狭小地土地活用二世帯住宅
    などの住宅購入にも

  • 蒲生工務店がお勧めする
    不動産・分譲地をご紹介します。

  • メディアに掲載されました

  • 木の家を変える「イノスグループ」