SPOT BLOG現場レポート

DSCN1268 DSCN1272

基礎工事が始まり、配筋の検査を行っています。
配筋の幅は家の荷重等を考慮し配置されます。
なので、荷重がかかる場所には配筋の幅が小さくなります。

【写真左上】配筋の幅が大きい。

【写真右上】配筋の幅が小さい。

DSCN1286 DSCN1290

DSCN1293 DSCN1291

配筋の検査が終わると型枠が組まれ、コンクリートが流されます。

CATEGORY

  • ユニキューブ狭小地土地活用二世帯住宅
    などの住宅購入にも

  • 蒲生工務店がお勧めする
    不動産・分譲地をご紹介します。

  • メディアに掲載されました

  • 木の家を変える「イノスグループ」