SPOT BLOG現場レポート


雲ひとつ無い秋空の中、棟上を行ないました。
夕方にはほぼ組み上がり建物の骨格が見えてきました。

【写真左】2階の床組です。この上に28?の合板を張れば、地震等の揺れに耐える剛床の完成です。
【写真右】吹抜けに面する部分にはひときわ大きな梁が配置されています。
これは、“耐風梁”と言って、強風時にかかる横からの力に耐える為のものです。
厳密な構造計算を行なっている”イノスの家”ならではです。

【写真左】建物を支える土台には、耐蟻性・耐久性に優れた桧のPFウッドを使用しています。
【写真右】梁には米松のPFウッドを使用することで建物の耐久性を大幅にアップしています。
PFウッドについてはこちら ⇒ http://www.pf21.jp/pfwood/index.htm

CATEGORY

  • ユニキューブ狭小地土地活用二世帯住宅
    などの住宅購入にも

  • 蒲生工務店がお勧めする
    不動産・分譲地をご紹介します。

  • メディアに掲載されました

  • 木の家を変える「イノスグループ」