よみがえった梁はレトロ感覚に東近江市 N邸

築40年 土間通路の先に汲取り式トイレ
築40年の木造在来工法の家には、今となっては使い勝手の悪いところがいろいろ出てきました。細く長い土間の通路は圧迫感と冷たさを感じ、抵抗を感じながら使用していたと言われています。そこで、土間をフロアーに、暖かみのある空間に仕上がるように照明や色合いにも気を使って施工しました。
 
既存の梁はあえて見せる工夫を
明るく開放的な空間を確保するには天井高を上げる必要があります。そこで、家を支えている梁などはあえて見せて活かす工夫を試みました。梁を有効的に見せることで、古民家風の感覚が楽しめます。キッチン・トイレや浴室などの水廻り部分は毎日使用する場所ですから、使い勝手がよく機能的に仕上がるよう配慮しています。
 
よみがえった梁はレトロ感覚に
既存の梁に古木色の塗料を塗り、間接照明を照らすことで、落ち着いたレトロな雰囲気が味わえます。高くとった天井は開放感があり、今までの暗いイメージを一掃したとお施主さまも喜んでいただきました。冷たく感じた通路や水廻りも明るく暖かみのあるイメージに仕上がっています。