モノトーンの清涼感あふれる異空間日野町 M邸

築30年 田の字型の和室、土間の台所
アイランド型のキッチンを配置したDKは明るく伸びやかな大空間に生まれ変わり、居心地の良い開放感に包まれます。雑然となりがちだった居間は現場作成の収納棚を効率良く配置することですっきりとしました。床は桧の無垢フローリング。自然素材で暖かみがあり、特殊な加工を施しているので、床暖房にも適しています。天井は、シナベニヤを底目張りにして変化をつけました。縁のない畳に堀座卓、畳の下には床暖房を入れ、 ダイニングとの間仕切りは透光性のある建具を使用しているので、閉めた時にも圧迫感がなく、DKとの一体感が心地よい空間となっています。
家族を守る見えない部分が大切
和室二間をワンルームにする為、柱・鴨居などを撤去しました。ただこの手の家は、筋違などがほとんど無く鴨居や壁などで地震などの揺れに対してもっています。そこで壁に筋違や耐力面材を取付、2階の床組には鋼製火打ちを取付けました。柱を抜いた部分は十分な大きさの梁で補強しました。またLDKには温水式の床暖房をいれました。
 
モノトーンの清潔感あふれる異空間
和風の住宅に飽きを感じられていたお施主様の希望でシンプルに白と黒でまとめました。改造前からは想像もつかない異空間が誕生しました。また北側にしか窓を取れない間取りでしたが、開口部を大きくすることと白色の内装材を使うことで明るく清潔感溢れる空間になりました。