和の伝統を引き継いだ新しい和空間

エコリフォームとは、新しく、懐かしい
昔の人が永年に渡り大切に住み継いできた日本の古い住まいには、 和の伝統と文化、そして永い年月を経た自然素材が醸し出す独特の 雰囲気があふれ、その価値は計りしれません。そんな古い住まいならではの魅力を現代の暮らしに活かし、懐かしい 雰囲気に満ちた和のスタイルを完全に壊すことなく、再生させる。 それが、エコリフォームです。
 


家族と共に歩んできた大切な住まい。永年に渡り受け継がれてきた木造住宅などを「完全に壊してしまうことなく」良さを活かし、またお客様の生活様式にあわせたリフォームで現代に蘇らせます。
新しいライフスタイルへ

↑永年家を支えていた、丸太梁を表し、漆喰塗り、床は桧無垢材を貼り、自然素材にこだわってみました。
再生とは修理でも修繕でも保存でもありません。住まい手の個性有るライフスタイルに合わせて新しく空間を作りなおすことです。
民家とは、これが出来る素晴らしい素材です
着物から洋服へ移行した明治維新以来、私たちの生活スタイルは様々に変わりました。本来和式の生活スタイルに合わせて創られていた民家の生活空間は、必ずしも現代が要求する機能や快適さを満足するものではありません。
そこで様々な問題に対して検討し、改善するのが
私たちの提案する再生計画(=エコリフォーム)です
 


リビングに隣接した中2階の
納戸への階段は、可動式の
天井を設けました。
機密性も良くなり、直接視界に
入らないことにより、お客様が
急に来られても対処できます。

 


構造上抜けない柱によってできる
デットスペースに飾り棚を付ける
事によって違和感なく
仕上がりました。


杉無垢材の腰板を張ることによって、
冷たいイメージのあるトイレも暖か味
のある空間に仕上がりました。
また、破材を使って小物置きも作って
います。その上に花を飾っただけで
空間が華やかになります。
年月を重ねること、それは美しいこと
ヨーロッパ諸国では、古い家がとても大切にされています。古い家を改装して住まうことが人々の憧れであり、ステータスシンボルとなっています。またこれが豊かな歴史や文化を受け継ぎ育てていくことにつながっています。私たちにとって、このヨーロッパの状況は憧れの対象にすぎないのでしょうか。私たち日本人も素晴らしい民家を持っています。そしてよく見れば、各地方に魅力的な民家が残されているのです。
木はいつまでも生きています。年月を経て歴史を持ち魅力を増した民家を、古いと言うだけで取り壊してしまうのは、あまりに安易な発想ではないでしょうか。工夫とアイデア次第で、歴史を途切れさせずに更に魅力ある住まいとさせることが出来るのです

↑玄関の床下段板は以前使用されていたものをそのまま再利用。また、玄関巾木には不要となったお膳の底板を使用しました。
 

煤竹(すすたけ)は何度も磨き、 綺麗にした後、天井の飾りとして 使いました。本来捨てるはずだった ものでしたが、洗って綺麗にする ことによってこんなに風格がある 天井となりました。

 

奥の引き戸は以前のササラ戸を洗い、塗装。気密性を高める為にガラスをはめ込み、冷暖房の効率を良くしました。床板は他の解体現場で出た天井板を再利用しました。
 

今では貴重なケヤキの一枚板でできた鏡板を加工し
ドアにしました。