STAFF BLOGスタッフブログ

MONTHLY ARCHIVE「月別アーカイブ:2012年08月」一覧

まだまだ暑い日が続いていますねsun

みなさんはステキな夏を過ごせましたかsign02

アタシは夏と言えば花火flair花火sign01花火sign03

そして娘もママのお付き合いで花火flair花火coldsweats02花火down

暑い昼の日中から駐車場と場所の確保に励んでいましたcoldsweats01

 

もっと若い頃には長野や京都の福知山の方まで観覧しに行っていたけど

年々耐力の限界が・・・sweat02

それでも今年も福井県の越前花火大会、敦賀花火大会、

県内では彦根と大津の花火大会に行くことができましたhappy02good

 

今年初めて挑戦したのが敦賀の花火大会note

ここは灯篭流しと13,000発の花火が上がります。

 

DSC01569.jpg

いつもなら↑こんな感じで涼しい所で待機しているのですが、

敦賀の花火大会の周辺は何もナィsweat02

来年は水着をもってこないとっflair

海の家でひたすらかき氷を食べながら待機していましたnote

夕方になると少し涼しくなってきたので海の近くまで来てみましたcancer

DSC01580.jpg DSC01578.jpg

青い空にキレイな海shine

日ごろゆっくり自然に触れる事がないので新鮮な気持ちにconfident

 

そして日が暮れると燈籠流しが始まり幻想的な雰囲気に浸りながら

花火が上がるのを待ちますmoon3shine

DSC01575.jpg DSC01585.jpg

 

娘は花火を見飽きたのかカメラ片手にシャッターを押してくれてましたcamerashine

DSC01662.jpg

なかなかのナイスショットgood

 

執りはなんといってもこの花火↓

アタシのテンションマックスup

DSC01679.jpg

こんな感じで小澤家の夏は終わっていきましたhappy01

 

来年はどこの花火大会にチャレンジしようかなぁconfidentshine

夢は秋田県大曲の花火競技大会と新潟県の長岡まつりrvcardash

大曲の花火は全国の花火師が技を競い合うコンクール形式で行われる大会で

花火師が命を懸けて作る花火が見れますeyeshine

長岡の花火は2万発の花火が上がるそうですupup

みなさんのステキな花火大会の情報をお待ちしておりますyacht

 

みなさ~んお盆休み満喫できましたか?

(天気は悪かったので微妙でしたが・・・gawk笑)

ものすごい日焼けsunしてる人、ギックリ腰sweat01になった人もいたみたいですが・・・smileぷぷぷっ。

それはさておき、色々なテーマパークや観光地に出かけられたと思いますが、身近なテーマパーク?

と一つ紹介したいと思いますshine

20120808_141528.jpg   滋賀ではなんら珍しくない畑の風景です。

 

 

よ~く見てみると奥に畑があります。お婆ちゃんがいたので近づいて見ると・・・・eye

20120808_141641.jpg

な・な・なんとsign03お婆ちゃんやと思ったのが、めっちゃリアルなかかしwobblyしかもめっちゃ沢山!

 

 

20120808_141657.jpg20120808_141613.jpg

 

 

 

 

 

細部にまでこだわりの感じる仕上がりでビール飲んでるお婆ちゃんに、警察風お婆ちゃん、釣りをしてる

お婆ちゃんや倉庫の上や木の上にまで双眼鏡をのぞくお婆ちゃんなどなど、何回も自分の目を疑う程の

出来栄えにビックリしっぱなしの畑でしたshine

畑か、かかしどちらがメインなのかなぁsweat02(失笑)※写真ちっちゃ過ぎで迫力半減です、残念crying

 

気になる方は、東近江市山上付近の畑です。

そのへんウロウロしてると見つかると思いますよnote 曖昧な感じでスイマセンdown

盆休み真っ只中!さあみんなでどこかに出かけよう!・・なんて事は出無精+人込み大キライの私が思うはずもなく、家でゴロゴロしながら、なぜか宇宙の事を調べていました。当然ながらお嫁さんにはスゴク怒られますので、健全なお父さんはマネしないでください(笑)

 宇宙は大きい! うすうすは知っていましたが改めてそのスケールに驚かされました。
たとえば新幹線(時速200キロ)で地球から太陽までいったら約85年、冥王星まで3375年、一番近い隣の星(プロシキマ)までですと2537万年かかるらしいです(笑)

 人類の祖先アウストラロピテクスが生まれたのが300万年前ですので、一番近い星に行くのに人類の歴史が8回以上見られます(笑)

 これからどんなに人類の科学技術が発展しても、たとえ何万年経とうとも、この隣の恒星まで 4.05×100,000,000,000,000 Km、これは絶対に行けない距離だそうです。

 なおかつプロシキマは生命の存在できる環境ではありませんので、宇宙人が居そうで怖い!なんて思ってる人は安心してくださいね。ほんの隣の星でこの距離です、お忍びで宇宙人がやって来る事は絶対にありません(笑)どう頑張ってもこの距離を移動できないそうです。

 子供の頃にUFOのTV番組を見て怖かった思い出があります。今でも多少宇宙人にビビッてましたが、ここにきてやっと宇宙人を克服できた気がしました。宇宙人、遠すぎて来れません(笑)

 そして宇宙の端は137億光年先にあります! 1光年は光が一年間に進む距離をいいますが、先ほどのプロシキマまでは4.2光年で行ける速さです。宇宙の果てまでは光の速さで137億年程かかるという事です。スゲーです。宇宙広すぎです。もう距離感がおかしくなります。
 
 さらにそれが宇宙の果てではないらしいのです!観測できるのが137億光年先なだけであって、もしそこに到達できればさらに先にある・・・・。

 どーですか宇宙! 不思議ですね~♪面白いですね~♪もっと知りたいですね~♪

 こんな感じでずっと調べてたら、『遠い宇宙の事より、身近な事の方が大事やろ!』とお嫁さんに怒られました。ごもっともです。間違いないです。なのでそろそろ終わりにしたいと思います。今回は宇宙人は来れない事がわかりました。それだけで十分です。ありがとうございました。
 
 確かにまったく役に立たない宇宙話ですが、なんと言われようと私は宇宙好きです。皆さんいつの日か宇宙あるあるで盛り上がりましょう・・・・ないな(笑)


 

猛暑の中、皆さん体調は崩されてないでしょうか?

私は早く寝てsleepy体調を整えないといけないのは解っていながら、オリンピックを見てしまい寝不足になっていますsweat01

先日、上棟がありましたのでそちらの現場を紹介したいと思いますgood

7:30・職人さんが集まりだしました。近隣配慮もありスタートは8:00からですが、ゴミが飛ばないよう足場のシートを先行して張っていきます。

7.22 (3).jpg

9:00・1階部分が組み終わり、桁の上で大工さんが金物を取り付けていきます。

7.22 (9).jpg

7.22 (10).jpg

 

 

 

 

 

 

 

10:00~12:00・2階の床が出来、柱を建て屋根に移って行きますup

7.22 (15).jpg7.22 (20).jpg

 

 

 

 

 

 

上では屋根を組んでいき、下では窓の下地を入れていきます。

7.22 (27).jpg7.22 (22).jpg

 

 

 

 

 

 

13:00~15:00・屋根の下地が出来、金物をつけ合板を張っていきます。

午前中は曇っていたのですが昼からかなり暑くなりsun皆の口数も少なくなってきましたcoldsweats01

画像 026.jpg画像 028.jpg

 

 

 

 

 

 

 

合板の上から屋根業者さんが施工していきます。いつもせかされるので早く仕上げいきますsweat01

画像 001.jpg

画像 010.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

15:00~18:00・次は外の壁を施工していきます

今回使用したのはダイライトと言う耐力面材ですsmile

この壁材が家に掛かる力を支えていて、最近では耐震リフォームにも使ったりしますsign03

画像 002.jpg画像 018.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全景ですcameraもうヘロヘロになりながら作業していますbearing

画像 013.jpg画像 021.jpg

 

 

 

 

 

 

 

19:00・本日の作業終了です。施工して頂いた大工さん達も真っ黒になり松〇しげるみたいになっていますshadow本当にお疲れ様でした。

以上現場からでしたnotes

画像 031.jpg

CALENDER

2012年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ARCHIVES

PAGE TOP