STAFF BLOGスタッフブログ

MONTHLY ARCHIVE「月別アーカイブ:2009年07月」一覧

久しぶりにローカルな近況報告です。

確か3週前の日曜やったと思いますが、次男の真利(中1)が「どうしても硬式の野球チームに入りたい!」というので、一緒に見学だけでも・・と言うことで行ってきました。

硬式のボーイズチームというとスポ小でやっていたような生易しい環境ではなく、わし自身は「うちの真利の実力ではおこがましい世界や」と思っていて、「なんでまた今から硬式やねん?」と聞くと「もっと厳しい環境で野球をやりたいねん!」って。

しかしシーズン途中からの入団というのは例が無いとの事で、とにかく見学だけでもさせてもらって実力の違いや厳しさを目の当たりにすれば、真利も考え直すやろう・・・ との思いで行ったつもりが・・・

いきなり監督さんが呼んでくれて「練習も厳しいし、レギュラーも取れないかも知れんけど、それでもやる気があるのなら例外ながらも来週から体験に参加してもいいで!」と言って下さった。

丁度その時、グランド横では一年生が一番きついと言われる「坂道ダッシュ」をしていて、「どうせなら今から一緒に走ってこい!」となって、ランニング練習をさせてもらい、ノック迄参加させてもらい・・ 結局半日間、普段着のままで練習させてもらっとった。(笑)

わしはというと「うちの坊主がこの中へ入ってついていけるんやろか?」と心配しつつ見てたんやけど・・丁度そこに知り合いの方が来られて、偶然にもこのチームのコーチをされているとの事やった。

っで、色々と話を聞かせてもらいながら練習風景を見ていて、上手い下手は別として、どうせ野球をするのならこういう厳しい環境でする方が何かと身に付く事も多いんやろな~と思いかけていた。

一通りの練習を終えて監督さんが「どや!きつかったか?」と聞かれて「でも、やっていきたいです。」と真剣に答えている真利をみて、結局その日の内に入団を決めてきました。

あれから3週間、日課のジョギングと素振りをまずまず頑張り、土日の練習では反吐を吐きながらも、「厳しくてキツイけど楽しい!」という真利の言葉を聞き、「本人の希望が叶い、入団できて良かったな~」と思うおこがましくも親バカな今日この頃。

それともう一つ、7月からはわし自身もおこがましい世界に身をおく事になってしまいました。
っというのが、以前から誘われていたロータリークラブへついに入会させてもらいました。

5年くらい前より、色んなクラブからお誘いを受けていたものの、わし如きには敷居の高い世界やと思っていたし、時間的にも経済的にも厳しいし、何よりも人前でのスピーチ等が超苦手なわしにとっては、絶対に避けて通りたい道やった・・・(汗)

それやのにいつのまに・・・ っていう感じなんやけど、親戚筋や仕事筋にゴルフ筋に・・・
多方面から包囲網を敷いてもらって話だけでも・・ となり、地元の著名な先輩方数名に囲まれてはさすがに断り文句も出てこなかった(笑)。

っというと嫌々入ったみたいに聞こえるけど、そうばかりでもなくて「真利の野球」じゃないけど、わし自身も45歳になった今、新たな厳しい環境に身を置く 必要性も感じていて、丁度良いタイミングでこういう場を作ってもらえて、おこがましく感じつつも有難い事だと思っています。

何はともあれ「真利の野球」も「わしのロータリー」も自分で決断して入ったのだから、精一杯頑張って自分を磨いていく事が大切だと思う今日この頃でした。

CALENDER

2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ARCHIVES

PAGE TOP