STAFF BLOGスタッフブログ

MONTHLY ARCHIVE「月別アーカイブ:2009年05月」一覧

昨日は夕方6時から深夜1時過ぎ迄、白熱した会議をしておりました。&今宵もさっき迄原稿づくりで・・・(汗) アルコール抜きでこんな遅くまで頑張るのって久しぶりかも・・・(笑)

というのは急遽、見学会をすることになって、チラシの考案を始めたからなんやけど・・・

モデルとして建設し、先月から入居募集をしていたユニキューブ物件の入居が決まったので、再度6月中旬にイベントを強行する事にしたのです。

この「ユニキューブ」については前にも書いてたので詳しくは触れないけど、2年前から仲間数名と共に始めた賃貸住宅の販売・建築事業です。魅力的な商品で面白そうやな~と思って参入して早や3年目。

我々は本業の傍らボチボチと動いていたくらいだったけど、全国で1200棟を超える実績が出ていて、賃貸住宅業界では「戸建賃貸」がブームとなってるらしい・・・

以下チラシの原稿としてさっき迄作成していた「マイコラム」を載せておくので、よかったら一読してみて下さい。(実は色んな記事からの寄せ集めなんですが・・・ 笑 )

土地活用の真潮流・ [戸建]賃貸住宅

 総務庁が5年に一度行う「住宅・土地統計調査」によると平成15年の調査時で全国には約580万戸もの空室が存在しており、更に現在も悪化が進む賃貸マ ンションの空室率は約20%と言われている。これは非常に厳しい数字で、事業経営としては非常に危機に陥っているオーナーが多いということである。
 
 しかし、戸建賃貸住宅を提案している現場からは今こうした声が多く聞かれている。「一昨年ほど前から新しい土地活用方法として戸建賃貸のニーズが高まっ ています。その勢いを象徴するかのように大手のハウスメーカーや注文住宅会社、ビルダーもこの分野に次々と参入を果たしています。」  

 これまで戸建ての賃貸という形態は持ち家を転用したもの、いわゆる貸家が主流だった。商品として販売するには建築コストがかかり、全国の建築会社も積極 的に商品化してこなかった。しかし入居者、特に団塊ジュニア世代のファミリー層の志向は、広い戸建て「風」賃貸住宅へのニーズが高まっている。これはメゾ ネット型のアパートが人気である点でも証明されている。
 
 そもそも戸建賃貸は需要に対し供給が極端に少ない為、周辺の家賃に比べ比較的高い家賃で入居者を募集できるという点や、建設コストも多くは一棟700万円台でできるように低く、投資利回りが高い他、負債も少なくて済むことがメリットとなっている。
 
 現在、全国的な広がりを見せる戸建賃貸住宅。そのブームの火付け役となり販売実績でもトップを誇る「ユニキューブ」。これまでの賃貸住宅経営といえばア パート・マンションが主流であったが、そうした従来の商品にはなかった優れた特徴を多数有し、除々にその地位を確立しつつある。

先週は2件の地鎮祭に行ってきました。

もう数え切れない位に繰り返し聞いている神主さんの祝詞ですが、

♪かけまくも~かしこき ・・・ ○○家の家屋建築に携える蒲生工務店匠手の業師たちの・・・

っというフレーズを聞くと背筋がシャキっとして緊張感が漂います。

そして、我が社に一大事業のご用命を頂いた事に感謝し、その責任感をひしひしと感じる瞬間です。

これから工事が始まり、基礎工事~上棟~造作と各匠手の業師さん達に腕を振るってもらいます。

施主様をはじめ工事関係者の皆様、宜しくお願いします。

 

先日、久しぶりに上棟現場へ行ってきました。

最近は上棟日に都合が付けられず、訪問できない事も多々あるんですが・・・

このお宅はわしが駆け出しの若い頃に母屋の建築をさせて貰ったご親戚の家で

その頃はまだ学生さんだった息子さんの家です。

っと言ってもその息子さんも既に結婚されて奥様と二人の子供の4人家族が入居されます。

こうして親子二代に渡って当社に家造りを任せて戴いて本当にありがたい限りです。

施主様と話していて母屋普請が平成6年やったらしいけど、その頃は我が社の会社設立の年で

わしはまだ現役大工として叩いていたし30歳でまさにこれから・・・みたいな頃やった。

15年の年月と共に図太さと腹廻りは成長したものの、体力と仕事上の立場は弱体化してしまって

♪見~てるだけ~~♪ の人になってました。(笑)

ゴールデンウィークという事で4日に長男の大樹が京都から帰ってきました。


そこで、なかなか片付かない前の家の掃除を手伝ってもらってたら、埃まみれのスーパーファミコンがでてきた・・・

っで大樹が「久しぶりにスーパーマリオやろうか!」と言い出して持って帰ってきた。
大画面のテレビに接続して付けてみたら、画像は荒いし古くさいし・・・

といいつつも、昨日の夜から子供達が嵌まっていて、わしとしては「見てるだけ~」とはいうものの、
けっこう楽しんで眺めていた。

もうかれこれ15年位前に初めて我が家に出現したファミコン。

この世に出現したのは1985年(昭和60年)らしいけど、その後ゲームボーイやプレステ、キューブに最近ではウィー・・・と時代と共にどんどん進化してきたゲーム機やけど、さすがに初代ファミコンの画像には懐かしさを感じて昔の事を色々と思い出す機会となりました。

子供達がちっちゃい頃はなかなかクリアできずに泣いたりしてて、わしや家内が教えながらどんどんステージアップしていってたのに、さすがに今となってはかなわない。・・悔しいけど(笑)

特に大樹は感心する程に良く覚えていて裏わざを使ったりしながらスイスイと・・・

そんな訳でここ二日間、夜な夜なスーパーマリオ三昧に付き合ってて、延べ6時間位で見事全クリ。

昭和の時代を感じる懐かしいゲームを眺めながら、子供達の成長を感じた二日間でした。

 

CALENDER

2009年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ARCHIVES

PAGE TOP