STAFF BLOGスタッフブログ

MONTHLY ARCHIVE「月別アーカイブ:2007年10月」一覧

先週の土曜日、インテックス大阪で開催された「ナイスわくわくフェア」に行ってきました。

今年はタイトルに書いた「くらし創りメッセ」との同時開催とあって大規模で見所満載との話。
そこでナイスさんの企画でバスを出してもらい、お客様と当社スタッフの総勢19名が参加させてもらいました。

現地では自由行動で見学してもらったものの、設備器具や建材新商品の展示ブース等、我々は何気なく目にしてるけど、一般のお客様で慣れてない方には新鮮で興味深い反面、「何をどこに使う物か解りづらくて難しかった!」との意見もあった。

やはり、個々に同行して説明しながら廻った方がよかったのかな? しかし、「マイペースでゆっくり見たい!」って思われる方もおられるやろうし、あまりピッタリ着かれてもうっとおしいかも知れないし・・

好奇心旺盛なわしの場合、たばこ休憩も多いものの、一応駆け足で全部廻って歩き疲れて、それでも興味を引く所では説明を聞いたり、カタログを集めすぎて腕はパンパンになってくるし・・・ でもそれなりに満足できたし。

って事で、それぞれのペースでそれぞれに満足してもらえた事やろう?? としておきます。

2枚目の写真は「ジオフォルテ」という木造住宅用制震装置です。
実際に振動を加えての実験を見てて、けっこう効果があるものやなぁと思いました。

新しい工事看板を作成しました。

以前はイノスの看板を使ってたのですが、ドクターのキャラクターが不評(笑)だったので、
企画室で検討して、当社ホームページのトップ画面を組み込んで作成してもらいました。

なかなかの出来で気にいったけど、下の無地部分が寂しいようにも思うし、
完成イメージパースを貼ろうかと検討中です。

美化と合わせて、きれいで明るい現場造りに心がけていきたいと思います。

この前の土、日は久々に子供の少年野球(スポーツ少年団)の応援に行ってきました。

応援といっても観戦だけでなくて、累審や練習の手伝いにも早朝からドップリと浸かり、久々にスポーツで体を動かせる機会を得たのと、天気も最高に良かったし、つい張りきりすぎてしまったみたいで・・・

今日は朝から腰痛&筋肉痛です。午前中の地鎮祭では立ってるのも辛かったし(笑)。

そして、明日は超久々のゴルフ。しかもコンペで取り切り戦なのにどぉなる事やら・・・

少年野球の話に戻るけど、我が「ガモウチーム」もなかなかの実力で、今回8チーム中準優勝やった。3ヶ月ぶりに観たけど、さすがに子供の成長ぶりは著しくて感心した。

まだ5年生ながらもサインもあるし、緊迫した試合内容で連携プレーもサマになってるし、自分達の時の中学生レベルとちゃうん?ってくらいに感じた。

それにしても、今の子供達って恵まれた環境で幸せやな~と思う。
ちなみにわしは小5の頃スポ小でサッカーをしてたけど、親が観に来るなんて一回も無かったし、ジュースやスポーツドリンク、ましてやおやつなんて貰った覚えもないし、水道水ガブ飲みで朝から夜迄走りっぱなし。
しかも"マイちゃりんこ"で行き来するのが当たり前だのクラッカーやった。(昔話なんで古いネタで 笑)

それに比べて今の子は・・・ って別に愚痴ったり今の世の中を悲観するつもりも無いけど、時代の移り変わりを感じるな~。って事で感想はおしまいにしときます。(意味深?)

指導者の方がそこそこ厳しく教育してくれてるのが救いで、うちの子も野球を始めよってよかったと思うし、ちょくちょく手伝いに行きたいと思うけど、「厳しくガンガンやって下さいね!」ってお願いして帰ってきました。

なんか題名と違った内容になってしまったけど、最後迄よんでくれてありがとう。

「ガモリンス」放送日
びわ湖放送「びびっとビーム」
放送日10月23日(火)
時間17時45分~18時45分
番組内のどこかで放送

事務局よりメールが来てたので参考までに!
ちょっとだけかも知れないけど・・・

6月20日に法改正が行われてから、いまだ詳細がはっきりせず、日々困惑している昨今の建築確認申請。
許可が下りずに工事が止まったりで、倒産に追い込まれた工務店や設計事務所もあるそうな・・・

当社に関しては、建築確認が不要なリフォームが多かった事と、新築の確認も遅れながらもなんとか下りてきて、大きく支障はなかったものの、一ヶ月以上着工が遅れて迷惑を掛けたお客様も何件かあった。

っという事で先日、業務委託している設計事務所さんにお願いして勉強会を開催しました。 

 姉歯建築士による耐震偽装に端を発して行われた今回の建築基準法改正。阪神大震災以降、耐震基準はかなりのレベルまで上がっていて、それを経済設計とかって構造計算そのものを誤魔化したのがこの事件やったと思う。
 それなら、要は役所や民間の確認機関を強化したり、設計者や施工者の違反に対する罰則強化を中心に法改正をやったらいいはずで、そもそも構造計算の不要な木造住宅に関しては問題なかったはずなのに・・・
 百歩譲って改正そのものは仕方ないとしても、周知期間もなく、役所自体も行政指導ができない(内容が解ってない)ままで施行した事は大失態ではないかと思う。

まぁそれはさておき、最近になりやっと方向性が示され、講習会等でも詳細説明がされてるそうで、今回、設計と管理のスタッフを集めて勉強会を行った訳やけ ど、うやむやだった所が理解できて良かったし、今まで確認申請に携わってないスタッフにとっては、難しかったかも知れないけど、かなり勉強になったのでは ないかと思う。

一部を掻い摘んで説明すると、今後は確認申請後の変更工事は一切出来なくなる。年内は軽微な変更は認められるが、来年以後は構造部分の変更はもちろんダメ やし、ドアを引き戸に変えたり、天井の高さを変えたり、換気扇の位置や設備器具の位置に至るまで、要は申請図面と現場が合致してないと、中間検査や完了検 査で撥ねられる。・・らしい

って事は申請を出す迄に、細かい所まで全てお客様と打合せて決定しなくてはならないという事になる。
 
幸い、当社が取り組んでいる「イノスの家」では全棟「構造計算」を行い「詳細設計」まで行っているので、契約前に先行して詳細な打合せを進行しているし、お客様の理解さえいただければ、現場での変更が少なくなるのは歓迎するところではある。

とはいうものの、家の形が見えてから「小屋裏に物置きを作りたい。」とか「天井を高くして梁を見せたい。」とかの要望も多くて、それらに柔軟に対応するのも我が社の特徴なので、今後はやりにくくなるのも事実である。何か良い手立てを考えなくては ・・・

TBS噂の現場 全国で上がる悲鳴!家が建たない!何のための法改正か!?2007年9月23日放送
http://www.tbs.co.jp/uwasa/20070923/genba.html

↑ちょうどいいのがあったので拝借してきました。

(サッカーオリンピック予選が始まったので、続きは次回という事で・・・)〈笑〉

1 2

CALENDER

2007年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ARCHIVES

PAGE TOP