カテゴリを追加

高気密・高断熱

「高気密・高断熱」 家造りをご検討の方は一度は耳にされたことがあると思いますが、 

どういった家かご存知でしょうか?

簡単に言うと、家の中で快適に過ごす為に、

隙間を出来るだけ無くし、壁や窓を伝わって出入りする熱を少なくし、

外気温に影響されにくく、室内の熱を逃がしにくくした家のことです。

ヨーロッパの寒い地域では家の中を暖かくすることが必須条件になっていて、

ある国では居室が18度以下になるような住宅は、改善命令が出されるそうです。

最近の研究で徐々に「寒さ」が人体に与える影響や病気との因果関係も

明らかになってきたようで、実際に寒い家から暖かい家に変わった人は

「以前より病気の症状が和らいだ」という割合が多いという報告もあるようです。

更に高気密・高断熱住宅であるほどこの割合が顕著に表れるようです。

また、日本の現状は冬になれば室内温度が18度を下回る住宅も多く

家の中でのヒートショックによる死亡者の数は交通事故で亡くなる人の数より多いそうです。

この状況を、ヨーロッパなどの省エネ住宅先進国に報告すると

とても笑いものにされるそうです。

「トイレの中でなんて、死にたくない」    「日本人は寒いのが好きなのか?」

とも言われるそうです。

家の中が寒いと言う事を今までは我慢で凌いできた文化のようなものが

日本にはありますが、折角、新築やリフォームをするのであれば

このようなリスクの少ない家にされては如何でしょうか。

 

 

と、ここまでは冬に関することです。

北欧やカナダ、北海道等の寒冷地なら「高気密・高断熱」だけを考えておけば

いいでしょう。ただ、日本には四季があります。

鎌倉時代 吉田兼好が「徒然草」の中で「住まいは夏を旨とすべし」と記しています。

これは、冷房も暖房もない昔の家では、寒さは重ね着で耐えられますが、

夏の暑さは裸になっても暑ければこれ以上、調節が効かなかったので、

「夏を快適に過ごせる家」を造ることに重点を置きましょうということだと思います。

夏場の日中留守になるご家庭(窓も開けず、冷房も切るお宅)では断熱材が蓄熱体となり、

昼間の日射から熱を蓄え、涼しくなる夜間に徐々にその熱を放出し始めるのです。

一部の高断熱高気密工法が冬は暖かいが夏も暑いといわれるのはこの為です。

もちろん、「高気密・高断熱」の家で夏は冷房を効かせれば問題はありません。

ただ、冷房に頼りすぎるのも体にも、経済的にもあまり良くありません。

最も効果的な熱の下げ方は風を通すことです。また昼間の日射を遮ることで

室内の温度上昇を抑えられます。伝統的な日本の家はここに重点を置いているんでしょうね。

要は、高気密・高断熱でかつ、通風・日射遮蔽に重点を置いた住宅が

人にも優しく、経済的で快適に過ごせる家ということではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
スタッフ
中江 義晃(218)
長谷部 誠(8)
植田 倫代(9)
笠井 留美(10)
阿部 一(8)
中島 幸男(3)
町田 寿之(7)
川﨑 智洋(5)
桂 一世(6)
村木 康平(2)
小澤 由実(14)
西村 美由紀(11)
桂 直美(11)
池田 萌美(8)
辻 祐圭(1)
カテゴリを追加(1)
中村 美希(1)
月別アーカイブ
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (1)
2014年11月 (1)
2014年10月 (3)
2014年9月 (2)
2014年8月 (3)
2014年7月 (3)
2014年5月 (3)
2014年4月 (3)
2014年3月 (3)
2014年2月 (4)
2014年1月 (2)
2013年12月 (3)
2013年11月 (2)
2013年10月 (4)
2013年9月 (2)
2013年8月 (2)
2013年7月 (3)
2013年6月 (3)
2013年5月 (3)
2013年4月 (3)
2013年3月 (4)
2013年2月 (4)
2013年1月 (5)
2012年12月 (3)
2012年11月 (4)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (4)
2012年7月 (4)
2012年6月 (6)
2012年5月 (2)
2012年4月 (4)
2012年3月 (2)
2012年2月 (1)
2012年1月 (2)
2011年11月 (2)
2011年10月 (3)
2011年9月 (2)
2011年8月 (2)
2011年7月 (1)
2011年5月 (3)
2011年2月 (1)
2011年1月 (1)
2010年12月 (1)
2010年7月 (1)
2010年6月 (1)
2010年5月 (2)
2010年4月 (3)
2010年3月 (2)
2010年2月 (1)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (3)
2009年10月 (1)
2009年9月 (1)
2009年8月 (1)
2009年7月 (1)
2009年6月 (5)
2009年5月 (4)
2009年4月 (2)
2009年3月 (3)
2009年2月 (3)
2009年1月 (3)
2008年12月 (2)
2008年11月 (4)
2008年10月 (4)
2008年9月 (5)
2008年8月 (1)
2008年7月 (3)
2008年6月 (2)
2008年5月 (3)
2008年4月 (3)
2008年3月 (5)
2008年2月 (6)
2008年1月 (7)
2007年12月 (10)
2007年11月 (5)
2007年10月 (8)
2007年9月 (5)
2007年8月 (2)
2007年7月 (7)
2007年6月 (7)
2007年5月 (7)
2007年4月 (5)
2007年3月 (6)
2007年2月 (3)
2007年1月 (4)
2006年12月 (6)
2006年11月 (12)
2006年10月 (18)
2006年9月 (6)